「年収700万円世帯」が老後貧困になりやすい

「年収700万円世帯」が老後貧困予備軍と言われています。世間一般では、年収700万円と言えば、高年収とされていますが、なぜ年収700万円世帯が老後貧困予備軍と言われてしまうのでしょうか。

年収700万円稼ぐ人たちとは

日本人の年間世帯所得の中央値は415万円。年収700万円というと、上場企業などの中堅以上の会社の社員や公務員などの、一定以上の職についている人たちです。

金持ち意識とお金の使い方

平均年収415万円と考えると、それよりも200万円以上稼いでいるという意識を持つことが多いようです。そのため、「ものすごく贅沢はでできないが、多少贅沢をしても大丈夫」という意識が働くとか。だからこそ油断してしまい、危機感を持てず。プライドのせいでつい見栄を張ったり、身の丈に合わない買い物をしてしまい、定年となったとき、老後の資金がろくに貯まっていないことに気づくのです。

中流家庭特有の背伸びが原因

いったい何が原因なのか細かく見ていきましょう。

住宅

例えば住宅ですが、無理をしてローンを組んで家を購入することが多いようです。銀行も年収が高い人は審査が通りやすいということで、積極的に融資を行います。そのため、かなり高いローンを組んでマイホームを購入する人が多くいます。

教育

子供がいる場合、塾や習い事をさせたり、私立学校に通わせたりと、教育にお金をかけることが多いようです。どこの家庭も子供にお金をかけておきたいと思うのは同じですが、小金持ちの年収700万円世帯は、見栄の張り合いみたいな感じで、身の丈に合わないほど教育にお金をかけてしまうようです。

食べ物

野菜や肉は産地にこだわったり、たまには高い食材を購入したりと、年収が高いという意識で無駄にお金を使ってしまいます。また、外食の頻度も高く、週1回は必ず外食するなどという生活をする人もいます。

普通のサラリーマンにもかかわらず、新車のハイブリッドカーや外車など値段が高いものを購入してしまいます。

行楽

年に2回は家族旅行に行ったり、海外旅行に行く人も多いです。夏は海水浴、冬はスキーやスノボなど、夏や冬のボーナスも残らないくらい使ってしまいます。年収700万円世帯のサラリーマンは、結婚しても、学生時代や独身時代の遊び癖が抜けていない方が多いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする