東京都職員の平均年収

「公務員の給料は高すぎる」と言われることが多いですが、日本の首都の東京都の公務員の給料は実際はどうなのでしょうか。

東京都職員の平均年収

東京都職員の平均年収は約730万円(平均年齢40.7歳)とのことです。

730万円という平均年収は全国第1位の水準です。

東京都職員の年収は高い?安い?

一見すると、非常に高いように思えますが、そうとも言えません。

東京は物価も地価も高いので、生活するにはそれなりにお金がかかります。

この年収は、地方の水準では、年収600万円程度と同じ生活ができるレベルと言われています。

また、仮に大卒者で年齢40歳だったとした場合、大手上場企業であればこの水準以上の給料の会社はたくさんあり、平均的とも言えるようです。

まとめ

公務員は生涯働ける安定した職業です。

多少年収が低くとも公務員を選択する方が合理的だと判断する人も多いのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする