台湾出張

ある日、仕事の関係で台湾に出張に行くことになったので、ブログとして記録に残すことにします。

今までの海外渡航歴は、韓国に1回行ったのみ。

中国語能力は、独学で勉強した初級中国語のみ。

中検は4級しか持っていないが、実力はもう少し上だと思っています。

久しぶりに成田空港にやってきました。

今回乗る飛行機は、EVA(エヴァ)航空です。

EVA(エヴァ)航空の飛行機に乗るのはもちろん初めてです。

飛行機に乗る直前におなかが空いたので、空港の店でソバを食べました。

あとでこのことを後悔することになりました。

Eチケットなので、パスポートだけでチェックインが可能です。

荷物(キャリーカート)をチェックインカウンターに預けて、出国審査を経て、いよいよ飛行機に乗ります。

飛行機自体は、過去に韓国1往復、北海道2往復、鳥取1往復しているので、それほど怖いという感じはありませんでした。

座席が通路側なので外も見えないし、下を映すモニタもないので、飛行機に乗っているという感じもありませんでした。

隣の座席の人が日本人でいろいろと話をしていました。

乗ってから少し経過すると、食事を配り始めました。

肉と魚が選べるのですが、私は肉料理を選びました。

正直お腹もすいていなかったので、食べたくなかったのですが、きてしまったので食べることに。

残念ながら、全く口に合いませんでした。

ご飯がぱさぱさでまずいし、独特のにおいが気になって食欲が出てきませんでした。

酢の物のような副菜もいまいちでした。

これからは、朝食は食べないでお腹を空かせて食べようと思いました。

桃園国際空港(桃园机场)に到着して、同じ職場の人と会い、黄色いタクシーでホテルに向かいました。

宿泊したホテルは、少々高い1泊2400元のホリデーイン桃園というホテル()でした。

これが宿泊したホテルから見た桃園の景色です。

全体的に古い建物が多いです。

こちらは、ホテルの部屋です。日本のビジネスホテルと比べると、異常に広いです。

今回は打ち合わせだけなので、1泊して翌日は台中に移動でした。

翌日のホテルは、台中の市街地にある新築のホテルでした。

よく海外のホテルはトイレにウォシュレットがないと言われますが、こちらのホテルにはウォシュレットがありました。汚いので使いたくないという人もいますが、私は水が汚いわけではないので、気になりません。

こちらはシャワー室です。とてもきれいですが、床が滑るので注意が必要です。

台中のホテルに宿泊したときに、食事をするために夜に出かけました。非常に混雑していて、あまりいい店も見つかりませんでした。

何となく空いていた台湾料理の?店に入りましたが、やはり臭いが気になってしまい、おいしく食べられませんでした。台湾では、先にお金を支払うのが一般的です。150元ほどでした。

帰りにコンビニで買ったパインジュースです。マンゴージュース(芒古果汁)がほしかったのですが、ありませんでした。ホテルには、ミネラルウォーターがあるので、飲み水は買う必要はありません。日本より少し安いくらいの価格です。

こちらには、台湾では珍しく洗濯機(洗衣机)がありました。洗濯と乾燥で700円ほどと少々高いです。ここで、いろいろとトラブルがあり、フロントの人と中国語で会話しました。夜になると、日本語の分かるホテル職員(服务员)が不在となります。

翌日、桃園市中レキ区(桃园市中坜区)にある会社に立ち寄りました。近くの店で昼食を食べました。価格は100元前後です。八角や紹興酒など入っているのか、独特の臭いがありますが、慣れてきたので気にならずにおいしくいただけました。

翌日、高速鉄道に乗り移動しました。日本人はこれを新幹線と呼ぶ人がいますが、台湾人で新幹線と呼ぶ人はいないそうです。台湾人は、この鉄道を高鉄(高铁)と呼ぶそうです。駅名は高速鉄道桃園駅(桃园高铁车站)です。

今回は、以上で仕事を終えて帰国となりました。桃園空港第二ターミナル(桃园机场第二航厦)から出発です。EVAもCI(チャイナエアライン)も第二ターミナルです。

ホテルから空港に移動するときに、タクシー(计程车)の運転手に航空会社を聞かれたのですが、聞き取れなくて英語を聞いてようやく理解できました。自分の中国語力が全然足りないことがわかりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする