購入物件

不動産投資を始めようと思い、物件探しを始めたものの、予算はわずかでした。

地方の中古ワンルームマンション2戸が限界でした。

そこで、とりあえず、手元のお金で購入できる2戸を購入することにしました。

その後、ローンを組んで1戸を追加購入することにしました。

投資物件のローンの金利は非常に高く、ローンを組んで購入すると利益はほんのわずかになってしまいます。

なぜ、そこまでして3戸にこわだったかというと、リスクを分散したかったからです。

1戸では空室になれば、即赤字になってしまいますが、3戸あれば1戸の赤字は残り2戸が補ってくれると考えました。

購入するときには、利回りを重視しました。

実利で10%というのが一つの基準でした。

あとは、空室リスクを減らすために、サブリース付きにこわだりました。

サブリースというのは、不動産会社が賃借人の代わりに物件を借りるという形でマージンを取るかわりに空室をなくすという仕組みです。

無事に、中古ワンルームマンション3戸のオーナーとなりました。

購入金額は以下の通りです。

物件A:200万円
物件B:240万円
物件C:295万円

購入したのは、2013年5月~7月にかけてのことでした。

不動産投資の中では、本当に少額ですが、不動産オーナーとしての第一歩を踏み出しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする