売上目標

1年に60万円という金額は、生活費として考えてしまうと、たいしたことはないように思えますが、貯蓄として考えると結構大きいです。

今までの経験と勘によると、300万円の現金があれば、それなりの中古ワンルームマンションが購入できます。

すなわち、5年運用すれば1戸物件を増やせるということです。

物件が1戸増えると、収入が最低でも2万円増えることになり、年間の収入が84万円となります。

そうすると、わずか3.5年で300万円貯まることになります。

そう、どんどんと回転を上げることができるのです。

私は、サラリーマンとして働いているので、年齢が上がれば多少なりとも収入が上がります。

収入の上昇を加味して、生活に必要なお金は全部不動産投資に回すという仮定でシミュレーションをしてみました。

その結果、年間の不動産収入は以下となりました。

50歳:504万円
55歳:720万円
60歳:1248万円
65歳:1536万円
70歳:2040万円
75歳:2712万円
80歳:3744万円

実際には、税金のことも考えないといけないので、これよりは少なくはるはずですが、それでも、生活に困らないだけの収入は得られるはずです。

また、不動産は資産でもあります。資産価値に換算すると以下となります。

50歳:3400万円
55歳:6000万円
60歳:1億400万円
65歳:1億2800万円
70歳:1億7000万円
75歳:2億2600万円
80歳:3億1200万円

私は、老後は、年金に頼って生きていくということではなく、不動産収入を得て自分で稼いで生きていくことを目標にしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする