不動産投資のための節約術

不動産投資には、それなりのお金が必要です。

中古ワンルームマンションを1戸購入しようとすると、地方物件でも150万円~200万円。

私が推奨する収益物件ともなると、1戸250万円~300万円です。

普通のサラリーマンでは最初の1戸を買うのも大変ではないでしょうか。

私は、そんな方には、私が実践している節約術をお勧めします。

車を持たない

確かに車は便利な道具ですし、一種のステータスにはなります。

ただし、車を持つと燃料代、オイル代、車検費用、保険料、駐車場代など、非常に多くの
お金がかかります。

ローンで購入すれば、購入費の支払いもついてきます。

資産を築く前に車を購入してしまうと、お金がそちらに食われてしまうため、お金を貯めることができなくなります。

車を購入するのは、資産を築いてからにすることをお勧めします。

投資物件を何戸か持つようになれば、回転を悪くすることを覚悟して、維持を捻出したりできるようになります。

3戸~5戸購入するまで車は我慢することをお勧めします。

幸いなことに、最近はレンタカーよりも便利なカーシェアリングという仕組みがあります。

これを利用すれば、いつでも車を借りることができるので、それほど不便ということもありません。

飲み会は必要最低限に

社会人は、仕事の仲間との飲み会のおさおいが多く、つい行ってしまいがちです。

ただ1回飲み会にいくと、3千円~5千円の出費となってしまいます。

月に2回行ったとすると、1万円も失ってしまいますね。

そうならないように、飲み会は、送歓迎会や忘年会・新年会など、必要最低限のものだかに絞って参加することをお勧めします。

財布の中身は最小に

仕事用とプライベート用の財布をわけて、飲み会の誘いがあっても断れるように、仕事用の財布には最低限のお金のみ入れましょう。

ついでに、キャッシュカードも分けて、最低限のお金のみ入れておきましょう。

弁当を持参できる方は、弁当と水筒を持参しましょう。

私はこれを実践して、1週間に1円も財布の中身の金を減らさない努力を続けています。

嗜好品は控える

タバコ、缶コーヒー、飴やガムなどの嗜好品は、結構お金がかかるものです。

タバコは、健康にも害があるので、できるだけ早くやめましょう。

禁煙外来などを使うのもよいでしょう。

その他も、すぐにやめるのは難しいですが、徐々に少なくしていきましょう。

「将来のため」と考えれば我慢できるはずです。

総括

老後の資産を築くためには、それなりの我慢も必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする