生活の質を上げる為の転職

私はアルミ系の工場に勤めていましたが、当たり前のように続くサービス残業や休日出勤の連続で体が疲弊してしまい、2年が経った時に転職を決意しました。

まだ年齢が若いということもありましたし、零細企業だったので年収は300万円ほどでした。

転職の際の雇用条件は正社員に絞り、ハローワークの求人情報を基本としながら転職サイトや新聞の求人広告も活用しました。

しばらく活動していたら自動車系の工場で働くことが決まりましたが、残業が0時間という部分に惹かれたのです。

生活の質を上げる為の転職活動だったので、残業が無いというのは魅力的です。

給料は前職よりも低かったので、年収は250万円くらいになりました。

残業が無いので残業代を稼ぐことはできませんが、毎日決まった時間に帰宅できるというのは嬉しいですし、心身の疲労もそれほど溜まりません。零細ではなく全国にネットワークを持つような規模で運営している会社だったので、働いていて安心感がありました。

結論としては、転職は成功したように思います。

自分が一番求めるのは何なのかという部分を明確にして、それを勝ち取ることができたからです。

年収こそ下がりましたが、重要なのはお金だけではないと感じます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする