中国出張 両替不要 微信(Wechat)で賢くお金を管理する方法

中国に出張するときに、お金の管理に迷う人が多いのではないでしょうか。空港で両替する人がほとんどだと思いますが、中国元は100元が最大の紙幣のため、大量のお金を財布に入れて持ち歩くことになり、防犯上も好ましくありません。

中国では偽札や防犯上の問題で、微信(Wechat)というアプリを使って支払う人が多く、外国人も中国人と同様に使うことができます。

今回、Wechatでお金を管理する方法を具体的にご説明します。

ポケットチェンジでの入金方法

羽田空港には、ポケットチェンジという機械があり、こちらで現金をWechatに入れることができます。わざわざ両替所で両替をする必要はなく、日本円をそのまま入れるだけです。「微信支付」を選択して、画面の指示に従い、現金を投入します。

注意しないといけないのは、お金を一気に入れないことです。以下の通り、2000元が限度となります。それ以上入れると、寄付となってしまいますので、10万円入れようと考えている人は、3万円ずつ入れるようにしましょう。このとき、小銭も持っていたら、邪魔になるので入れてしまいましょう。

入金が終わると、2次元コードが書かれた紙が出てきますので、それをWechatでスキャンして指示に従い手続きを進めます。以下の通り、Wechatに入金されました。これだけあれば中国で生活するのに困ることもないでしょう。

銀行口座に現金を移動

日本で中国の口座に入金するには、銀行で送金手続きをしたりと、非常に手間がかかります。Wechatに銀行口座を登録しておけば、簡単に銀行口座に現金を移動することができます。今回は、1500元に分けて、2つの銀行口座にお金を移動しました。

手数料はかかりますが、リスク分散という考え方で、銀行口座にお金を置いたほうがよいでしょう。私は以前、Wechatに2000元以上お金を残した状態で、Wechatが止められたことがあり、本当に困りました。中国から見たら日本人は外国人なので、何が起こるかわかりません。安全のためにお金は分散管理したほうがよいでしょう。

現金は不要?

中国現地ではほとんどの店でWechatで支払いができます。自販機でジュースを買うのも、Wechatでできます。現金を出す機会は、皆無といってよいでしょう。ただし、Wechatが使えないということも時々あります。例えば香港では、中国人はWechatが使えても、外国人の日本人は使うことができません。Wechatが使えないときのために、300元~500元は財布に入れておきましょう。日本の空港で土産物などの買い物をするには、パスモやスイカがあれば現金は必要ありませんが、何かのときのために日本円も1万円だけ財布に入れておきましょう。

帰国時もポケットチェンジで入金

今回、深センで中国元を使い、香港ドルは両替しませんでしたが、空港で税金が戻ってきたため、香港ドル紙幣を120ドル持っていました。もともと持っていた中国元紙幣と香港ドル紙幣を両方、帰国時にポケットチェンジから、Wechatに入金しました。小銭などがあればいっしょに入れてしまいましょう。小銭は寄付扱いにもなります。

私は以前は、小銭の扱いに困り、毎回、募金箱を探して入れていましたが、もうその手間は必要なくなりました。ポケットチェンジは、Wechatだけでなく、交通系電子マネーやEdyなどにも入れることができるので、大変便利です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする