Wechat(微信)への入金方法

Wechat(微信)は中国で普及している決済サービスです。出張や旅行で中国でWechat(微信)を使う人は多いのではないでしょうか。スマートフォン一つあれば買い物ができるので、お金を持ち歩かなくても済むので安心です。中国ではWechatの他に、Alipay(支付宝)という似たような決済サービスがあり、同じように普及しています。

私はAlipayを使うこともありますが、最初に使い始めたのがWechatということで、どちらかというとWechatを使うことが多いです。ポケットチェンジという日本にある機械で入金できるのも理由の一つです。

日本人は中国に行くときに多額の現金を持っていく人が多いですが、リスクはあります。中国のお金は人民元ですが、最大の紙幣が100元札ですので、出張費用を現金で持っていくとかなりの量になります。財布に100元札を入れて管理すると、多額の現金を持っていることがすぐにわかってしまいます。中国は警察国家であり、いたるところに公安警察がいて、一見すると安全な国のように思えます。しかしながら、貧富の差がかなりあるので、リスクを冒してでも犯罪に手を染める人も多くいます。中国の治安については現金輸送車の警備員の装備を見れば一目瞭然です。

中国の現金輸送車

私が現金輸送車の警備員を始めたみたのは、建設銀行の窓口で手続きをしていたときでした。窓口のガラスに映る警備員が自動小銃を持っているのを見て、かなり衝撃を受けました。中国人に言わせると「中国は治安がいい」とのことですが、治安が良い国であれば、警備員が自動小銃を持つ必要などありませんよね。

中国国内では、偽札が多かったり、治安が悪かったりするため、WechatやAlipayのようなスマホ決済サービスが急速に普及しました。かつてクレジットカードがなかなか普及しなかった日本とは対照的ですね。中国人は身分証を持っており、身分証さえあればWechatを利用できます。それをあえて利用しないような人はいないので、ほとんどの国民が利用していると言ってもよいでしょう。
上記状況なので、中国で現金を持ち歩いて買い物をする人は少なく、支払いのときに現金を出していると「外国人」ということがすぐにわかってしまいます。「外国人で現金を持っている」ということを周囲に知らせて買い物をするのはあまりにもリスクが高いです。中国に出張や旅行で行くには、ぜひともWechatを利用することをおすすめします。日本人がWechatで支払いをする場合に、問題となるのは、Wechatへの入金方法ではないでしょうか。

今回改めて、Wechatへのお金の入金方法を整理したいと思います。

現金を人に渡して入金

私が最初にWechatを使い始めたときがこの方法でした。最初に使い始めたときは、中国の銀行カードを持っておらず、クレジットカードのみで個人認証をしました。この方法だと、使うときはWechatを使っている人に現金を渡して入金してもらうしかありません。日本の決済サービスの楽天ペイやPayPayだと、クレジットカードからの入金ができますが、日本人がこの方法でWechatに入金することはできません。

最初は知人にお金を渡して入金してもらっていましたが、徐々に頼むのが申し訳なく感じるようになり、ホテルのフロントの人にお願いするようになりました。ただ、金額が1000元とか多額になると、その人に残高がない場合があり、たらいまわしになることも多々ありました。ネットの記事を見ると、「道を歩いている人に現金を渡して入金してもらう」など書かれていますが、いくら人がよい中国人でも手間がかかり嫌がる人が多いのではないでしょうか。

現在は、これ以外の入金方法を使えるようになったため、この方法は使わなくなりました。

中国の銀行口座から入金

中国に滞在する日数が長くなるにつれ、WechatやAlipayでの支払いが増えたため、自分で銀行口座から入金したいという気持ちになるようになりました。そこで、何度か銀行口座開設に挑戦した結果、ネット決済で使える銀行カードを作ることができました。それ以降は、銀行カードを登録し、現金をATMで中国元を口座に入金して、口座からWechatに移し替えをするようになりました。銀行カードを登録すれば、出すのも入れるのも自由自在となり大変便利です。

ポケットチェンジで入金

私が最近頻繁に利用している入金方法です。羽田空港にポケットチェンジという現金を電子マネーにすることができる機械が置いてあります。

羽田空港のポケットチェンジ

このポケットチェンジを使うと、日本円をそのままWechatに入金することができます。まだ関東にしか設置されていないようですが、いずれは日本全国に設置されるようになるはずです。

ポケットチェンジ設置場所

私は中国に行く前に空港に到着したときに、必要最低限だけ中国元に両替し、それ以外は日本円からポケットチェンジでWechatに入金しています。こうすれば、100元札を大量に持ちあるくとはなくなります。ポケットチェンジは人を介さずにお金をWechatに入金できるので、手軽に利用できるという魅力があります。

まとめ

中国のスマホ決済サービスのWechatに入金する方法についてまとめました。入金する方法は、現金を人に渡して入金してもらう方法、銀行口座から入金する方法、ポケットチェンジから入金する方法があります。銀行口座から入金する方法が一番便利な方法ですが、中国の銀行口座を持っていて、かつ、それなりのお金を入金しておかないといけないという問題があります。頻繁に中国に行かない人で多額の残高がある人でない場合や、中国の銀行口座がない場合は、ポケットチェンジがら入金する方法がおすすめです。ただ、ポケットチェンジは、関東にしか設置されていないので、関東以外の人は利用することができません。早期の普及が望まれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする