雇止めを2度経験したダメダメなサラリーマンがネット副業で月収20万円を達成した方法を全て公開

はじめに

私はネット副業で月収20万円以上を達成しています。月収20万円というとどのような印象を持つでしょうか。給料だったら少し少ないと思うかもしれませんが、副業と考えたらどうでしょうか。サラリーマンが土日の副業で稼げる金額は、月収8万円程度が限界ではないでしょうか。私もいきなりここまで稼げるようになったわけではなく、一歩一歩の積み重ねでここまで稼げるようになりました。本記事は、その軌跡を皆様に知っていただき、同じようにネットビジネスでお金を稼げるようになってもらいたいと考えています。

私は、かつて契約社員で1回、派遣社員で1回、過去2回も雇止めを経験し、サラリーマンとして給与収入だけで生活していくのは、いかに危険かということを身をもって経験してきました。節約するため持っていた車を手放し、飲み会・食事会などの交遊は避け、昼食を抜き、自販機で飲料を買うことすらやめました。毎日毎日、お金のやりくりに悩む日々を過ごしていました。今振り返ると、惨めな思いをしなければならなかったのも、給与収入というリスクの高い収入だけに依存していたからにほかなりません。

仮に正社員として働いていても、景気が悪くなり減給、不況による会社の倒産など、サラリーマンは多くのリスクを抱えています。サラリーマンが給与収入だけに頼って生きていくのは、危険なので副業をするべきだと考えています。

副業をしようと思っても、会社でアルバイトが禁止されていてできない人も多いかもしれません。また、アルバイトは、拘束時間が長いわりには単価が安いため、土日だけフルタイムで働いても、たいしたお金になりません。

私もかつて、給与収入が減ったときに、副業でアルバイトをしようとしたことがあります。しかし、日雇い派遣会社に登録しても、時間が合わなかったり、普通のアルバイトの面接を受けても年齢が高くて採用されなかったりと、うまく探すことができませんでした。そんな私が苦し紛れに思い付いたのが、ネット副業でした。

私はネット副業について全くの素人でしたが、いろいろと勉強を重ねて2年後には、月収20万円を達成することができました。月収20万円というと、「売り上げが20万円で経費が15万円もかかっているのではないか」と思う人もいるかもしれませんが、ネットビジネスは自分のパソコン1台だけあればできる仕事であり、経費はほとんどかかりません。すなわち、売り上げ20万円ならば、利益もそのまま20万円と考えてよいです。

私自身いろいろと失敗し、苦労を経験して、月収20万円達成したと考えています。この方法は誰にも公開しなくてもよかったのですが、過去に雇止めを経験したサラリーマンとして、雇用不安をかかえるサラリーマンのお役に立ちたいと考えて、公開することにしました。

これ以降は、noteで公開中です。もしよろしければ、noteで見てください。

noteで今すぐ読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする